5600 105から6700 アルテグラへの載せ替え

コンポーネント載せ替えのご依頼を頂きました。

5600系コンポから6700系への載せ替えです。こちらのお客様はトライアスロンに自転車を使われるそうでDHハンドルを使用しており、5600系105のシフトワイヤーが邪魔で気になっていたとのことです。6700系ではシフトワイヤーがハンドルに沿わせてバーテープ内に収まるようになっていますので大分スッキリしました。しかしながら6700系や7900系5700系はシフト動作&ブレーキ動作の際レバーが重いという欠点があります。(現行の11速コンポーネントではかなりレバー動作が軽くなっています)

そこでワイヤー類をポリマーコート系で組み付けたところ特にブレーキレバーの引きが格段に軽くなりました。当時のPTFEワイヤーと現行ポリマーコートワイヤーの性能差は大きいです。一度PTFEワイヤーで組み付けたのですがやはり当時の重いまま…。10速系コンポーネントを使用されている方はポリマーコートケーブルでを選んでみるのも面白いです。しかし組み付けは丁寧に行わないと毛羽立ちで組み付けた当初から動作が重いということになります。またワイヤーキャップ類はポリマー専用のものをうまく使う必要があります。(10速コンポーネントが出たときはポリマーコートケーブルは存在しないので純正品はPTFE,SIL-TECになります)

その他の作業としては

リアディレイラーハンガー修正

フレームワックス

スプロケットスペーサー枚数調整

ペダルグリスアップ

ステムボルト交換

ブレーキ調整

等を行いました。

ご依頼ありがとうございました。何か気になる点がございましたらお気軽にご連絡ください。