BIKE HAND バイクハンド YC-335CO YC-207 レビュー

個人的にはミッシングリングよりもチェーンピン派ですが、BIKEHAND社製のマスターリンクツールとチェーン接続時に使えるチェーンフィキサーを手に入れましたのでレビューです。

P_20170810_164025_HDR.jpg

こちらがミッシングリンクの取り外しに使用するマスターリンクツールです。こちらは取付&取外し両方使えるタイプです。

P_20170810_163703_HDR.jpg

こちらはチェーン接続時にチェーンの端と端を引っかけて引っ張りチェーン接続を行いやすくするための製品です。なくても作業は可能です。

P_20170810_164309_HDR.jpg

今回はKMCの10Sチェーン&ミッシングリンクで試します。

P_20170810_164819_HDR.jpg

このようにツール先端部でミッシングリンクを挟み込みます。

P_20170810_165329_HDR.jpg

YC-207 チェーンフィキサーは左右からくるチェーンに引っかけて接続作業を行いやすくしてくれます。

P_20170810_165449_HDR.jpg

ミッシングリンクを取付けました。

P_20170810_165823_HDR.jpg

しかしながらチェーンフィキサーを下側にするとミッシングリンクやチェーンピンを挿入する際に工具が下側から入らず邪魔なので上側から固定してみました。

P_20170810_170158_HDR.jpg

これだと下側から工具を入れやすいですね。

特にチェーンピンで接続する際は下側からチェーンツールを入れて作業することになりますのでこの方がやりやすいかと思います。

ミッシングリンク両端に工具の先端を差し込みグッと広げましたら接続完了です。

P_20170810_170248_HDR.jpg

接続しました。ミッシングリンクはチェーンピンと違い簡単に取外しができますが再利用はできません。メーカーからの指示に従えば利便性は結局チェーンピンと変わらないのでチェーンピンでの接続をおすすめします。

P_20170810_170506_HDR.jpg

マスターリンクツールはかなりしっかりした作りでたわみもないのでいいですね。この価格から考えれば十分すぎるクオリティです。

チェーンフィキサーはマスターリンクツールほどのしっかり感はありません。チェーン接続時もチェーンテンションを下げて作業すればこの工具は必要ないです。