WISHBONE BB30A インストール

現在様々なフレームBB規格、クランクシャフト規格があります。

フレーム側の規格は様々ですがシマノクランクをインストールすることが多いです。

フレームメーカー指定の純正BBセットですとクランクシャフトとフレームの間にいくつもの部品を装着しなければなりません。

例えばBB30Aの場合、BB30ベアリングをまず装着し、その後にシマノクランクシャフト径に合わせるためにアダプターを装着します。

WISHBONE BBは様々なフレーム規格、クランクシャフト規格に対応しています。

今回はフレーム側BB30A、クランクシャフトはシマノ用のモデルで作業しました。

元々ハマっていたBBはフレームメーカー指定のBBセットのようです。

P_20170223_212141.jpg

ベアリングの状態は一度交換していたためかそれほど悪くはありませんでした。

しかしベアリングとシマノクランクの間に噛ませるFSAのアダプターに錆がみられ、ベアリングと固着しています。

一度BBセットを取り外し、フレーム側を洗浄します。砂や汚れが残っていると音鳴りの原因になりますので念を入れて洗います。

その後WISHBONEのBBを取付けます。

P_20170223_212036.jpg

左右のカップが中央でネジで締まるようになっていますが、ネジの精度もかなり高いです。

重量はベアリング単体のタイプと比べると増加しますが質の高い作りで良い印象です。

BBの種類によってはベアリングがカップに入っておらずフレーム内で向きだしのタイプもあります。

そのタイプのベアリングは砂や水など外部からの影響を受けやすいためダメージがある場合が多いです。

フレームBB下に穴が空いており、ベアリングがカップに保護されていなく、クランクシャフト向きだしの状態ではベアリングの痛みは相当早いでしょう。

WISHBONE BBをインストールした方はBB周りの剛性感が上がったとおっしゃられていました。

確かにフレームとBBが接触する面積が増えていますし、左右のベアリングがカップに入り、中央でネジ止めされたことで歪みが少なくなり一体感は増しているようです。

なんといっても各種フレーム規格、クランクシャフト規格に合わせて様々な種類が用意されているのがありがたいです。

音鳴りで悩んでいる方やBB交換を検討している方はおすすめです。

WISHBONE BB PF30A↓

WISHBONE BB PF30A取付編はこちら↓

自転車へのダメージを最小限に!?WISHBONE PF30A