ジャンクションAが干渉してつけられない?! →バーエンド内蔵タイプで解決

Di2であれば

ステム下にジャンクションAを取付けます。

しかしながら、

ステム下のスペースが少ないと

「ステム下にジャンクションAがつけられない」

という場合があります。

そんな場合は

「ジャンクションAをバーエンドに内蔵」

が良いです。

非常にスッキリします。

見た目がかなり良いので、

ステム下につけれられる場合でも

「バーエンド内蔵タイプ」

にするのも良いですね。

見た目がかなり格好良いです。

ただし、バーエンド内蔵タイプを使う場合は

「専用ハンドル」

もしくは

「ハンドルのどこかに穴が開いているハンドル」

である必要があります。

今回はZIPPのカーボンハンドルで穴が開いていたのでOKでした。

内部にDi2ケーブルを通すのには少し手間がかかります。

大変スッキリしました。