変速の調子が悪い!? ロードバイク

変速調整のご依頼を承りました。

オーナーの方によるとリアのギヤが落ち着かず販売店やご友人に見てもらったそうですがなかなか直らないとのことでした。

以前転倒した際にリアディレイラーを打ってしまったとのお話もお伺いしました。

試乗させて頂くと確かにギアが上手く変速しません。トップ側への変速は可能なのですがロー側への変速が上手くいきません。シフトレバーを押してギアをロー側に上げようとしても上がりません。

ワイヤー張力やディレイラーハンガーの曲がりに原因がありそうです。

お客様が交換用のディレイラーハンガーをご持参くださいまして、交換をご希望でしたので新しいものに交換します。

ディレイラーハンガー交換時に注意しなければならないのは新品でも修正が必要なことです。ディレイラーハンガーとフレームのマッチングもありますし、新品に交換したからといってOKではないのです。新品を取付け後、修正器にてチェックしますと大幅な歪みがありました。修正後ディレイラーを取付けます。ワイヤー張力を調整し試乗しながらチェックします。

バイクスタンド上では変速しても低ケイデンス&高トルク状態で変速しない場合もありますので必ず試乗してチェックしています。

大分調子は良くなったのですがまだ完全ではない様子。もう一度ディレイラーハンガーを修正し、ディレイラー可動域を調整しましたところ、調子を取り戻しました。低ケイデンス&高トルク状態でも変速可能です。

最後にお客様に試乗して頂きまして満足な変速になったようで何よりです。

また、今回のご依頼では最初にバイクを見たとき以下のような状態でした。

・ホイールがフレームにまっすぐ入っていない

・クイックレバーの締まりが緩い

変速の調子が悪い原因は1つではなく様々な要素が重なって変速不良を引き起こしていることが多いです。今回はホイールをフレームに入れる際の注意点、クイックの締める力についてもアドバイスさせて頂きました。安全のためにも疎かにしたくない部分と思います。

また何か気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。

ご依頼ありがとうございました。