ロードバイクにおすすめのトルクレンチ!? KTC GEK030-C3A 使ってみた レビュー

規定のトルクでの締め付けに必要なトルクレンチ。様々な種類がありますが自転車用におすすめなのがこちらです。

自転車の整備でよく使う締め付けトルクの範囲をおおよそカバーしています(2-30N・m対応)。

P_20170720_133534_HDR.jpg

グリップ部も適度な太さで握りやすいです。

P_20170720_133624_HDR.jpg

好きなトルク値を5つ設定できます。

よく使うトルク値を設定しておけばボタンで切り替えるだけですぐ作業できますのでスムーズです。

P_20170720_133642_HDR.jpg

ラチェット機構付き。

丸い部分を押せばビットの付け替えが可能です。

P_20170720_133705_HDR.jpg

ビットの付け替えもスムーズに行えます。

ビット取付部の規格は9.5sqです。

比較的低めトルクの工具がこの規格で大きい工具になると12.7sq規格になるようです。

P_20170720_133741_HDR.jpg

現在使用中のビットセットはパークツールのSBS-1

最近ではロングビットが最初から付属するSBS-1.2が出ています。

上記トルクレンチですと上限が30N・mなので大トルクには

こちらがおすすめです。60N・m上限であれば自転車用には十分でしょう。

GEK030-C3A 2~30N・m

GEK060-R3   12~60N・m

トルクレンチがなくても組み立ては可能ですが不安なく確実に締め付けるためには用意しておきたいですね。

規定トルクに達すると「ピー」という音で知らせてくれますので画面を見る必要はありません。締付動作に集中できます。

やわなパーツですとトルクが規定値まで上がらずボルトが回り続け、パーツが変形し壊れる場合がありますので規定トルクに達していなくても締付をやめましょう。