パッドとローターの相性 ディスクブレーキ

最近はディスクブレーキが搭載されているロードバイクやシクロクロスバイクが多いです。

マウンテンバイクではほぼ全ての車種でディスクブレーキが採用されています。

ディスクブレーキで気になるのはパッドとローターの相性。

エントリーグレードやミドルグレードのバイクではローターがテクトロ製、キャリパーとパッドはシマノ製ということが多く見られます。

制動力が足りないと感じていたり、ブレーキング時のギュルギュルとした音が気になっている場合にはローターとパッドを同じブランドにすると効果を感じられます。

最近のメンテナンスで以下のような事例がありました。

テクトロローター(型式不明の安いもの) + シマノパッド(B01Sレジン) + シマノキャリパー(BR-M675)

シマノ製ローター(SM-RT66S) + シマノパッド(B01Sレジン) + シマノキャリパー(BR-M675)

に変更。

制動力がいまいちだったバイクがシマノ製のローターに変更したことで制動力・フィーリング共に申し分ないレベルになりました。

個人的な印象ですとパッドを高価なものに変えるよりも、ローターを純正品に変えたほうが効果が高いです。

良く効いてフィーリングの良くなったディスクブレーキは快適で安心感もあります。